お久しぶりです。

ご察しの通り、不覚にも、かなり弱っております本間美和です。
今なら、スライムでも快心の一撃が出れば倒せるでしょう。

ブッタガヤから疲れが想像以上にたまっていたのでしょうか。
なのにハリドワールでもみくちゃになり目がばってんになり
暑さと臭さと全裸の男たちと完全ベジの食事・・・とにかく
沸点だか凝固点だか何かの限界値を越えてしまったようです。

このような人間の選択肢は3つ。
①即帰国 (自国へ逃げ込む)
②思考停止 (無の境地へ逃げ込む)
③薬物方面 (夢の世界へ逃げ込む)

無論、私がやむをえず取ったのは②でした。

(↓ ただいま「無」中です。脳内になにもありません ↓) ひどい顔です。
IMG_4094_rs IMG_4132_rs

デリーへ出発せんとする列車の中。
のん気な勇輝はインド人のおっさんと仲良く爆睡。
P4177387

なにが起ころうと私は引き続き思考停止。

P4187411_rs

窓からの眺めも、もはや森山大道風にしか目に映りません。
P4177393_rs

P4177398_rs

もうすぐデリー、という夜10時頃。

見かねた勇輝 が私を励まそうとします。
向かいにインド人夫婦が寝てるのでヒソヒソ声。
「ねえもしかしたらデリーって、バキバキかもしれないよ」
「バキバキってバンコクのバキバキ?」
「そう。だって首都なんだよ。駐在者もいっぱいいるんだよ」
「あ、そっかーーーーー!!!!」
単純な私(たち。※勇輝も相当アガっている)。
早速ロンプラ(ロンリープラネットです)を読み直します。
外国人旅行者が多く安宿と各国の料理のレストランがあるパハルガンジエリア、
一番の中心でホットなエリア・コンノートプレイス、
名だたる一流ホテル、高級レストラン、日本食レストラン・・・
ああ、私、助かるかもしれない・・・
インド嫌いにならずに済むかもしれない・・・・
宿は、絶対AC(エアコンのことをこう言う)つきにしよう。ね、ね。
デリー滞在のテーマは「癒し」にしよう。
そうだそうだ!
いいぞ。

到着。
P4187412_rs

ん?

デリーだよね?ハリドワールではなく。
電車一周しちゃってないよね?

ま、いいや駅だもん。
そんな、
私の視界に飛び込んできたもの!!!!
駅の中に!
希望の光!ゴールデンアーチ!!!
CIMG1010_rs

(※資料写真。渋谷宮益坂店)

キターーー!助かったーーー!!!!

・・・約20分後。
あえてその感情に名前をつけるとしたら
絶望、だと思います。
夜12時だとは言え、マックでしょ?デリーでしょ?なぜ入れたコーラを放置?そのポテトいつからそこにあった?なぜポテトをもう一度そこに戻してかきまぜる?なぜそこで次の接客に入る?なぜ1人しか働かず3人遊んでいる?なぜに?なぜに?

いや、ほかのことはいいや。
とくに、私のマックポテトへの
並々ならぬ思い入れがいけないのでしょう。
愛しすぎるから、傷つくのです。
ブッタガヤのアジャイさんの言葉が響きます。
「期待しない。期待するからおかしくなる」
わかってる。わかってるよぅ。
変な茶色で、硬く、まずかったポテト。
日本のように言えば取り替えてくれる、わけもなかった。
深夜デリーのマックで不覚にも涙がこぼれそうな女が一人。
無垢な勇輝に動揺を与えまいと(いや、こんなくだらない理由が恥ずかしく)
必死で堪えた。(が時すでに遅し。)

わなわなしながら駅を出てオートリクシャに乗る。
絶望その2。
勝手に(本当に勝手だ)妄想した
バキバキデリーは、そこにはなかった。
P4187428_rs

すごい埃に、布で鼻と口を押さえながら
心の中で叫びます。
「だーーーよーーーねーーーーーー」
(懐かしのヒットナンバー「DA.YO.NE」より)

ここからは私の味わった数々の絶望と
「癒し」を求めデリー中を彷徨った軌跡を
ダイジェストでお届けします。
本当にくだらないです。
褒めてくれたSUちゃんに申し訳ないんだけど
バラナシでのせっかくのボリューム調整も台無しです。
ただいま「自分が自分が」大音量ウーハーつきです。

※分かりやすいように、新しい単位で表記します。
癒しを表す単位として、
実家でごろごろしオナラでもしながら母のご飯を待っているひとときを「1ジッカ」、
絶望を表す単位として、
カルボナーラにコショウを慎重に入れてたら蓋が取れて全部入った瞬間を「1カルボ」
とします。 ちなみにデリー駅ポテトは3・5カルボでした。

P4187436_rs

1泊950ルピー、約2000円も払って入った宿。
埃っぽいACと微弱なワイファイつき。
0・3ジッカ。
デリーに詳しいカズマにタスケテメールを書く。すぐ返事が。
「デリーで癒し?無謀だな・・・・。」

P4187440_rs

旅行者の都、パハルガンジエリアの風景。2カルボ。


P4197509_rs

エアコンの効いた近代的メトロ。0・05ジッカ。


P4187478_rs

尚も続けた、よりよい宿探し。ぜーんぜんいいとこがない!
↑ロンプラでなかなかの評価だった宿。すっごく歩いて探したのに。
すえた臭いと廊下にガネーシャ。
ありえない。
5カルボ。

 

P4197583_rs

P4197589_rs

奮発し、様々な受賞暦を誇る高級レストラン「スワガット」へ。
キンキンのビール!料理もうまし!
さすがにウキウキ奥様。
しかし30分後、冷房が寒すぎてヒサンな状況に。
のちにふたりとも風邪をひく。
P4207595_rs P4207592_rs

すげーがっかり。(※単位やっぱ分かりにくいのでやめます)

P4197518_rs

ポリスなのにこんな雑。

P4227699_rs
P4227696_rs

一番のホットな中心、のはずが・・・。
まさかのコンノートプレイス。
絶句。

P4197556_rs

行きたくないとリキシャ運転手に断わられ、
大きな立体交差を歩いて渡る。(歩いてるのは私たちだけ)
空気が悪すぎて真っ白な夕日。
(1Q84に来ちゃったかと真剣にドキドキした)
P4227716_rs

完全にのどをやられ夫がオカマみたいな声になるという絶望感まで・・・
どんだけ!

P4227723_rs

ちょっといいムードのルーフトップレストラン。
こっそり無免許でビールも出る。
が、出てきたのはBYポット&ティーカップ…!!!
ずずーとビールをすする。ぬるい。
NO!無理!堪忍ならん!
クリケット中継に夢中でまったく動かない店員たち。
うきーーーーーーーーーーー!!!!!
さすがの勇輝も「ごめんちょっと話しかけないで」みたいになっている。
どうした?泣いているのかい?(泣いてはいない)

P4217668_rs

帰り道・・・。突如始まった工事で
道がエキサイティングなことに。ハァ・・・・・・・・・・


ピピーーーーーーーー!
宿、
チェーーーーーンジ!

1泊2200ルピー(約4500円。これまで身につけたあらゆる
技と演技力を駆使し約半額に値切った値段)、
パハルガンジエリア最高級、「ル・ロワ」である。
どこにもフランスの香りはしないが、近代的!きゃー!
P4207628_rs

無料のネットがサクサクでゴキゲンな旦那様。
P4207642_rs

きれいなシーツが嬉しくて、繕い物なんかしちゃうルンルン奥様。
P4207636_rs

きゃあきゃあ、きれい!しかも朝食つきなのよ!

そういうわけで、ジッカまではいきませんが、
まあ、癒されました。命だけは助かりました。
なにがあってもここから出ません。
人間、無理は禁物です。
心の余裕と平和が大切です。

なんか話がぐっだぐだになっちゃったけど、
総論としては、
「デリーに癒しはあるのか?」の問いの答えは
「まあ、ない。」
だと思いました。

最後に、カズマが教えてくれたスポットの中で、
彼一番のお気に入りだという、オールドデリーのモスク、
「ジャマー・マスジド」に行った思い出でお別れします。

荘厳で美しい建築。
IMG_4316_rs

そこで待っていた屈辱。
入り口でおっさんに「これを着ろ」と。
なんで?くるぶしまでのアリババズボンだし、ちゃんと半そでシャツだし!
「女性はシャツがひざまでないとダメだ」
なにそれ!民族衣装限定じゃん!そうじゃない人だっているじゃん!
(・・・・・・いない。)
じゃあロンギをすっぽり体に巻くから!
「ダメだ」
ヤダヤダーーーー!
勝手に着せられる。ダボダボのナイロンの合羽みたいなもの。
着たほうがむしろ神様に失礼じゃないの?という。
埃っぽいし何この柄ー!もう33歳なのー!
ジタバタ抵抗してるうちに完成した、
THE・屈辱ルック。

こんなとき人間の反応は3つ。

①「・・・。」となる
IMG_4310_rs

②心が邪悪&オラオラになる
IMG_4369_rs

「あに見てんだよ」「クスクス笑ってんじゃねーよ」
「着せられたの!自分のじゃないの!」


③やけっぱちになる

IMG_4339_rs

「へいへーい!やっほー!ヒューヒュー!」


この屈辱を分かち合おうと外国人女性を探したが、
こんな時に限って、1人もいなかった。
勇輝はずっとゲラゲラ笑っていた。
さてはカズマの仕掛けた罠だったか。
この屈辱、忘れまじ・・・。

おお怖っ!
心に余裕がないって嫌ねえー。
ひどい被害妄想。
つねに戦闘体制。
全員が敵になる。


大丈夫です。
今では素敵な思い出の1ページです。

おしまい
(MIWA)