※この記事はガールズトークですので、男性の閲覧はご遠慮ください。

※この記事はとっても長い(かつバカバカしい)ので、勤務中の閲覧はお避けください。



「自分で自分を褒めてあげたい」。
有森裕子さんほどの偉業をなしたわけでもないのに、
そう思っちゃうことってありますか。
私はあります。


皆様に勇輝が伝えていない、
試練・・・。


「列車泊」。
夜発朝着だったのでてっきり寝台車と思ったら、こんな車内!
リクライニングの壊れてる椅子。すえた臭い。そしてめっちゃ寒くて・・。ぶるぶる・・・。
でもジムキャリー主演の映画が流れてて爆笑、凍えながら爆睡。


「テント泊」。
ナミビアに入ってから、宿が安くても2人で5~6千円かかるとわかり、
急遽スーパーで買ったテント5千円。
(「ホラ重いし・・」などと暗に反対を表明したんだけど勇輝のワクワク顔にはかなわず・・。)
これで宿のテントサイト(つっても庭)に泊まるだけなんで
2人で1200円~1500円ですむようになった。
犬の声、強風にテントがバタつく音、恐い・・。寒い・・。硬い・・。やだよう。
最初の日はあまりに恐くて途中でギブアップし、
レンタカーがあったので車の中で耳栓して寝た。
でもだんだんテントでも熟睡できるようになってきた自分・・。


褒めてあげたい。ってゆうか褒めてます。
偉いよ美和。よくやってるよ。うん。


・・・
そんなことやってるうちに新たな脅威・・。

どうしろってんですか。
妙齢の女は砂漠に来るなというのですか。

スネが乾いた大地よろしくヒビ割れてきました。

(↑こんなイメージ。)
お肌の状態、言わずもがな。
笑うとほうれい線あたりがピリと音を立てます。
東京で補充したイソフラボン化粧水を丹念に染み込ませるのですが
頬がプルンとしたお豆腐に戻る気配はなく高野豆腐が関の山。
加速度を増して老いてる気がする今日このごろ。
イキナリ50代くらいの容貌で帰国しても皆さん友達でいてください。
かしこ。


・・・・・。

おっと!
いいえ!
そんな泣き言を言うコーナーじゃありませんことよ!
アゲていきます。
なぜならひっさびさのイケメングランプリだからですっ!!!



え?
もうこのコーナー、なくなったと思ってた?
南インド総集編で力尽きたと?

否!
私めは取材を続けておりましたよ。
夫にため息をつかれながら、各国の男子に苦笑いをされながら。


 

しかし、こんなに長らくお待たせしてしまった・・・
ハア。相当苦労していたのです。


南インド以降のアジア、中東とおまけをあわせて
やっと、UPすることにしました。

(ご安心を!アフリカ編は結構いい線いってますよおーお楽しみに!)




いい男がいないと九官鳥のように繰り返すそこのアナタ!
働きすぎで恋心に埃かぶってるアナタ!
夫の愛情表現の物足りなさを嘆くアナタ!
大丈夫!私はアナタの味方です!
このコーナーでルンルンしちゃってください。
ここに登場する全員から「可愛いよ・・」と言われる妄想をしちゃってください。
うふふ!

 


もう!前置きはいいって!

はいはい了解!



時は3月・・・5ヶ月以上さかのぼります。

コタキナバル。

町では、男子はみんなファッションや髪型に気を使ってたのですが・・・

逆にうーむ・・・。ダサ可愛選手権には採用でもここには無理!
お呼びでなくてよ!と厳しく却下しました。
予選をなんとか通過したのはこの2人。

いずれも、「ウォーターフロント」という、おしゃれ(なんだけど何かが惜しい)エリアで
人気のタイ料理屋にいた青年(体育会系と文科系)です。
なにを聞いても親切でユーモアがあって英語がうまくて・・・ああ、また会いたいなあ・・。

でも扱いはミニサイズ。
総合評価としては、コタキナバルでのイケメン採取は失敗に終わりました。
え?いきなり?ですが、ごめんなさい!!!


さて、気を取り直して参ります。
続きましては、
病みに病んでいた北インド各地をすっとばし、
(私の目にはイケメンは映らなかった・・・むしろなにも映らなかった・・・)



笑顔と真心と素朴さの国、
ネパールであります!!!!


いましたいました!美男!多し!
ジュル・・・これはイケる・・・。
日本の女子に大いなる癒しと萌えを与えることができる・・・。

がしかし!
マオイストによるストに逃げ惑い、
アミーバによる猛攻撃についに倒れ、
(詳しくはカトマンズの投稿をご覧下さい・・)
本当にごめんなさい!!!
白旗です。

ど、どなたか、そこの若いお方、わしの代わりに行ってみてきてはくれんかのう・・。 
きっと、たくさんの宝物を目にすることでしょうぞ・・・!!!


(左)雨宿りのチャイ屋にて。(右)カトマンズ近郊の寺院にて。サドゥ修行中の青年。

あとはきゃわいい少年達の美しい瞳でご勘弁をををーーー。


ほんとすみません。

めげずにいきます。

 

さてっ!!!
きました、お次はミドルイースト、
魅惑の
中東でございますっ!!!


私は探しましたよ。
UAE(アブダビ&ドバイ)で、
白いアラブの民族衣装に身を包んだ褐色の麗しい青年の姿を。

しかーーし!

街中にイケメンがいない!っていうか、
人がいない!!!

外にいるのは道路工事の半裸の作業員のみ。
それはインド人かパキスタン人。

そう。夏のUAEは暑すぎて道なんて歩けない。
ってゆうか、人口の20%しかいないというUAE人はみなさんお金持ち。
道端でなんて会えるわけがないのです。
みんな車で移動し、大きな高級ショッピングモールで買物し、豪邸に帰ってゆくのです。
(勉強にもなる、いいコーナーですね!)
ところが・・ショッピングモールなどでやっと見つけたイケメン王子は
すんごいセレブオーラを出しているか、
まぶしくて見れないほど鋭く美しい女性を連れているかで、
撮影交渉不可~!!そんな度胸、私は持ってない!


結局、撮れたのはこの1枚。
麗しの王子・・・

どなたか・・、勇気のあるそこのお方、
私の代わりに果敢に挑んできてはくれんかのう・・・。
ごほっごほっ・・。

砂漠の王子は諦めました。ごめんなさい。


はっ、
いたーーーーーー!!!!!!





エントリーNO.1  エビゾー(仮) 28歳(推定)


ドバイの旅行代理店のオフィスにて。私はわざわざ戻りましたよ。
夫を巻くためにね。きゃはーーん。
知的。そしてシャイ。優しそう!きっと白いアラブ衣装も似合う!
私を砂漠の向こうにでもどこにでもさらって!キャー!妄想は膨らみます。

「写真を撮らせて。私は世界中のイケメンを探しているのです」
と言ったら、「いやいや僕なんかよりこの人(上司)を。」と目上の人を立てる
謙虚さ(強かさ?)も忘れない。
しかしその上司を見ると、NON!ありえへん。お前嫌味かよ!と思うほどで。
1枚も撮らなかった。失敬!



エントリーNO.2  ウエクサ(仮) 26歳


アブダビの超人気レストラン、レバニーズフラワーにて。
ちょっと鮮明さに欠けるんだけど、見て!可愛いえくぼ!
おませな髪型とちょっとのひげ。もう!似合ってないゾ!
隣にいる実写版ジゲンみたいな兄さんもかなり気になりつつ・・。
ここの店の規則はバッツリオールバックらしい。

丁寧に、ゆっくり、時間をかけてサーブしてくれた濃いコーヒー。
あ!よく見ると後ろに王子たちが座ってますNE!
マジ見えてなかった。うっとりしすぎて・・。



 

エントリーNO.3  トゥーリオ(仮)  推定23歳


ドバイの古い港町を再現したショッピングモールにて、誰が買うんや?っていう
土産物ばかりを取り揃えていた彼。
勇輝の肩を組もうとするので始めはいろんな意味で警戒してしまったが
陽気で人なつっこいだけでした。
その、濡れている髪は汗?おしゃれ?とは聞けなかったけど。

しかし彼の売るアラブ版マトリョーシカ(ぶさいく!)にすっかり魅了されてしまった私達。
200ディルハムを20ディルハムに値切って買いました。(そもそもふっかけすぎ!)

 



ぬお!
UAEはなんとこの3エントリーのみ!

だはーー!

路上イケメンを求めてイランに飛びます!


エントリーNO.4  モハメド 24歳


テヘランに数多く並ぶ紳士服店にいた彼。さすが、シャツが似合うっ!
不思議そうに、そして少し照れながら、私のキモい要望にこたえてくれましたよ。
っていうか、この目をじいっと見てみて!
ドキリとさせられるでしょ・・・。ゴクリ。

いやん!笑うとちょっと可愛いの!
ひげは・・・ないほうがいい?むしろこれがいい?あなたはどっち派?
イランではモハメドだらけだったので、以下全員あだ名にします。

 




エントリーNO.5  バッジオ(仮)  推定36歳


ちょっと年上の落ち着いた感じがお好み?ならば!ってことで。
イスファハンに向かう列車で、上手な英語で話しかけてくれた彼。
「何か困ったことあったらいつでも声かけてよ」と言ってくれた優しい心の持ち主。
彼なら、絶対大事にしてくれそう!泣いても暴れても鼻水出してても包んでくれそう。

上品だわーー。いいわーー。
髪の行く末を見守りながら共に時間を重ねてゆきたいわーー。




エントリーNO.6  サオトメ(仮)  推定24歳


問題です。この育ちのよさそうな彼は、なに屋さんでしょうー!?
後ろのふとっちょのおっさんは気にしないでいいですよ。
あ、でも彼は大きなヒントです。
そう!アイスクリーム屋さんでした!やーん。なんでこんなスイートガイが
アイスクリームを??!ステキすぎる!(もちろん思わず買った)

ちょっと歯っかけなのもまたきゃわゆす!アイスの食べすぎかな?うふふ!(←ばか)

 




エントリーNO.7 アリ(これは本名)  21歳


イスファハンでお世話になった絨毯屋の客引き担当、アリ。
毎日遊びに行って、お茶を出してもらった。いつも楽しくて笑わせてくれた。
なんでも、日本人の奥さんが欲しい!のだそうで、
(日本人の女の子は小さくて可愛くて優しいから、だって)
ブログを通じて僕のお嫁さんを探してくれーーーー!!!!といわれたので一応。

お嫁さん希望者の方、イマーム広場でこの顔を捜してください。
きっと数十分で見つかります。(いつもうろうろしているし女の子を見逃すはずがない)
ファイティン!


え?コメントが雑になってきてる?
気のせいです。

エントリーNO.8  エルビス(仮)  推定21歳


ホセインさん一家にプレゼントするため、写真を現像に来た私たちに話しかけてくれた彼。
その佇まい、表情から、かなりの自信が伺えます。
「写真撮らせ・・」 最後まで言い終わってないのにこのポーズ。脱帽。
写真屋のおっさんからの「オレは?」って視線を感じましたが見なかったことにしました。

彼、実は私のタイプではないのですが、勇輝があまりにカッコいいと盛り上がっていたので。
男子と女子の言うカッコいいとか可愛い基準はとかく違う(合コン等で露呈)のですが
彼のばやいどうなんでしょうか。彼のようなタレ目くんが好みの人いる?
あ、この角度で見るとなんかの鳥にも似てるね!(不真面目)




エントリーNO.8  ヨシイ(仮) 20歳


なにかと規制の厳しいテヘランの街でストリートキッズをきどっていた彼。
遠目に見てたらトンガってる感じの集団だったのに、クローズアップしたら、
いやん、素朴!まゆ毛!!!

写真をパシャパシャ撮ってたら、照れまくってこの表情。
やっぱ、可愛いじゃーーん!(あれ?私だけ?)

その後、彼は、目の前で始まったバレーボール(知らない人の)に混ぜてもらってた。
どんだけほのぼの・・・。







エントリーNO.10  リョウさん(仮)  35歳


・・・。コメントは、とくにありません。
小さな木製フェリーの船頭さんです。
彼を見ていると胸がざわざわするんです。なんでしょうか。病気でしょうか。







<<<お・ま・け>>>


はい。
期待が多きすぎたのか、
まだまだお腹いっぱいになってない淑女のみなさんに
ここで別腹のスペシャルプレゼント。




 

トーキョーー!!!


びっくりした。旅行者として歩いたら、イケメン天国TOKYO!
まあ同時に若干理性も働きやすくなり、撮影できなかった人も多いのですが、
よりすぐりの数人をご紹介!

 

●ユウキ クン 19歳


中目黒のお気に入り居酒屋、「かまち堂」にてキャーーーッチ。
そうです。邪険にできないのをいいことにイケメン店員にからむ、最悪のおばさんです。
やーん。でもいいじゃなーい。可愛いんだものー。大学ではテニスをしてるんだって!きゃ!

はぁ、はぁ、あまり可愛くてバイト上がりの私服までキャッチ。(←ホンモノの変態)
またユニセックスな感じでー。イマドキなんだから!
同じ名前なのをいいことに1日だけうちの旦那様とすり替えタイ・・。
すぐバレるか・・・。



●カズキ クン 大学3年生


立川駅のおしゃれパティスリーにて発見!
一生懸命呼び込みをしてる姿にかなり遠くから一直線に吸い寄せられた私。
この顔で「生クリームたっぷりの~」とか言ってるからたまらなく可愛い!


「あ、ママにお土産・・・ちょうどいい!」なんて
思ってもなかったことを思いつき(呼んでもない呼び方で呼び)
私がこのロールを一本購入したのは言うまでもありません。



 


●ケイタ クン  16歳

二次会にて訪れた中目黒のカラオケボックスにて連続キャッチ!
暗くてうまくとれた写真これしかないんだけどさ、
すんごく素直でいい子だったの。聞けば地方から出てきて頑張ってると。
泣かせます。だめ。おばさん、こういうのに弱くて・・・。
セチ辛い東京砂漠だけどさ、アンタみたいなきゃわいい青年にはさ、
笑っていてほしいのよ。いいことあるよ。
心でエールを送りながら『負けないで』を歌いました。

 

 


●ソウ クン 0.5歳


え?うそでしょ?このお方、赤ちゃんなの?
私は目を疑いましたよ。私たちが旅に出てるあいだにご誕生になったって?ほんとに?
どうしてこんなに魅惑的な瞳?魅惑的な唇?
もはや赤ちゃんと呼んではいけないのでは?さん付けしたほうがいいのでは?むしろ様づけ?
あたりを見回しますが皆赤ちゃん扱いしてるようなので、赤ちゃんなのでしょう。
どんなステキな青年になるのかしら!待ち遠しい!!!

最後にスペシャルショット!
キュートなてぃくびもチラ見せ!
(ソウクンのパパママ!ゴメンなさい!訴訟だけはご勘弁を!)


 

ピピーーーーーーーーーーー!!!

後ろ髪のステキな西村主審より、パッとレッドカードが出ましたので、
即退場します。

 


はぁ、はぁ、
・・・以上です。

いかがでしたか。

バラエティに富んだかんじでお届けしてまいりました。

あなたの好みは居ましたか?
どこの国のどの男子ですか?

ではでは、
私はテントに戻ります!
(嫌~!)
皆さんの熱い投票、お待ちしてます!!! 
私をどうか温めてください!!!

 

(MIWA)