嗚呼、麗しの
リオ・デジャネイロ。

私は悩んでいた。

年齢を感じる背中、からの、よろしく哀愁。

髪・・・(せめて)髪・・・なんとかしたい・・・。

 


バックパッカー宿で一緒だったのは、ピチピチ光線を放つ
チャーリーズ・エンジェル(命名)ことオージーギャル3人組。
毎晩、一緒に踊りに行こうよーと甘く誘われる。
なに?!嫌味? 頼むからほっといて!

私はそんなドレスも持ってない、化粧道具もない、美脚もない、便サンしかない、
なによりボリパーなのよ!もっさもさなのよ!!

やさぐれる34歳(当時)。

 

・・・はっ。
いかんいかん。
性格までブスになってきた。
「ちょっとおちゃめなボリパーさん」なら許されるが(誰に?)、
「怨めしさをまとったボリパー婆」じゃ手がつけられない。
ぬおおーー怖っ!


そーんなときは?
はい、発想の転換。ポジティブシンキン。

そうだ。
ストパーをあてよう。

私はスキップした。京都に行くくらいの軽やかさで。

 


リオの下町を中心に聞き込み開始。(↑ちなみにこれも美容院ね)
この調査は夫には内密に、散歩の途中で
さりげなく且つ迅速に行われた。


しかしその行動は終始観察されていた。

 

調査の結果明らかになってきたのが、ブラジルの美容院にある
「エスコーバ」というパーマ。
完全縮毛矯正の「エスコーバ・ディフィニチーバ」は1万円くらいするが、
その下に3~4ヶ月持続するという準・縮毛矯正があり、
店によって「エスコーバ・インテリヘンテ」とか「エスコーバ・エレガンチ」とか
勝手な名前がついてるのだが、それなら
半額の5000円くらいでできそうだと分かった。


店員へのヒアリングでは物足りず、体験者の意見を聞くM調査員。
「持続します?」
「まあねえ。」
徹底した聞き込みぶりだ。

 


そんな努力と汗をあざ笑うかのように、ふらりと床屋へ入り
意味不明なオリヒナルヘアスタイルを実現し、満足顔の夫、Y。
なにさ!!!

 

私は悩んでいた。

「2000円でかけたパーマを5000円で取るという愚」
について。

心は揺れた。

「なんか・・・ゴメンネ・・・」と
パーマたちもモワモワ揺れた。

「君たちのせいじゃないよ」。
心が揺れていたのは、4ヶ月経ってもまったく元気いっぱいだった
この子たち(ボリパーのこと)への 愛着のせいでもあることを
認めざるを得ない私であった。

 

・・・・

2日後。

さらばボリパー。
ついに決意した。
「精神の安定のためにも、ここはいっとけやっとけ!
5000円なんて、あとで稼げばいい(←夫が)のさ!」
心の声がしたからである。

決戦の金曜日(かどうかは忘れた)。
私は一軒の美容院を単身ノックした。

 

まずシャンプー。
壁にかかっていたポスターが妙に胸にひっかかった。

このポスターに「暗黙の世界の構造」と名づける。
でもこんな世界はもう古いのさ!
とかなんとか真面目なことを考えている間に、シャンプー終了。

店長と副店長2人ががりで、
縮毛強制気休め版・「エスコーバ・インテリヘンテ」開始。
でもきっと大丈夫。なんたって、私の地毛はストレートなんですから!
3ヶ月も持ってくれれば、サラサラストレートになるぜよ!

謎の薬を頭全体にまぶし、蒸気のドライヤーで伸ばしていく。

なぜか鏡と逆に座らされたので、暇そうな店員に写真をお願いする。

最初は余裕だったが、薬が頭皮にしみてしみて、
薬に熱が加わることによって発生する煙が、目にしみてむせてむせて!

いったいどんな薬をーーー??!
きえーーータスケテ!!!

このとき、意識朦朧。
ただただ、「こんな思いまでして美を手に入れようとする世界中の女という生き物について」
敬服の意を心の中で表明していた。
親の敵のような迫力で私に美を与えんとする店員のお二人。
ありがたや・・。でももうやめて・・・・

 

・・・
やっと終わった・・・・。
すぐさまシャンプーの副店長様。放心のわたくし。


ボリビアの時もそうだったが、シャンプーは基本、雑なのだった。
雑というか、なんというか、シャンプーする側本位なのだ。
熱くないですかー?とか、かゆいとこないですかー?とか、皆無。
ざばざば顔にかかる。耳に入る。

南米の美容関係者全員を集めて日本の美容院のシャンプーを体験させたい。
いや、そんなことはどうでもいい。
私は店長が(日本語の歌知ってるのよ、と)得意げに歌う
カタコトの「恋人よ」を聞きながら
五輪真弓さんの面影を頭に浮かべ、ただただ怯えていた。
もしやあたし、あんな感じに・・なる・・・。

 

 

(ここで心配した夫が到着。撮影をお願いする)

お・や?
まだ、生きてる・・・?
お、お前たち(←ボリパーのこと)!!!


私の動揺を軽く無視し、スタイリング開始する副店長。
それは力強く。頭皮がつど悲鳴をあげるほどに。
「大丈夫。もうすぐ終わりよ」。


こ・・・、これは・・・・。


この、スタイリングは・・・・。


中森明菜さん風じゃないっすか!!!
「十戒」時代の!


もう、自分でもどうしたかったのかよく分からなくなったのだけど、
なんだか、ありがとう!!!ママー!!!

 

おめでとう。
かくして、
新生・ストパー美和の誕生です。

今まで本当にありがとうございました。


<ビフォー>                      <アフター>

 

年齢なんて、関係ない。

女はいつだって、
磨けば光るもの。
そう。
あなたには、その価値があるから。

ロレアル・パリ。

やってよかったエスコーバ。
亜麻色の髪の乙女は、夢見心地で眠るのでした。

 

・・・・

ザザーーーー。
キュ。

シャワー後、鏡を見る。
愕然。

髪の三分の二のボリパーが
息を吹き返していた。
「はろーー!!!ぼくたちだよ!」

ぎゃーーーーー!!!!


(手前部分はくしでとかした図)

膝から崩れるほどの落胆とともに、
このストパーは、毎日のブローありきのストレートヘアなのだと

知るのでした。

おもちゃみたいなプラッチックのくしを投げ捨てる。
ドライヤーなんて持ってるかーい!

 


私のヘアーとの、いや、ボリパーとのガチンコ対決は、

どうやら帰国まで続きそうです。

 

めでたしめでたし。

(MIWA)